親として出来ることはやる!

アスペルガーとADHDは重なる部分も多く、区別が難しい様ですね。
うちの子供は小学生、友達を言葉で傷つけることがままあり、それで喧嘩になったことが度々あったらしい。
「らしい」というのは、友達が親に話す、その親が私に話す、と段階を踏んでいるためです。

いや以前から、何か変なのかなあ、とは感じていてはいました。
要するに問題を先送りにしていた。反省です。
友達の親御さんから、医師に見せた方がいい、とやたら真剣な表情で言われたので、診せた結果アスペルガーが濃厚、らしい。
最初はADHD?を疑っていたのですが、医師の判断はアスペルガー。

まあ、明確にきっちり線引きは出来ないので、どちらなのかの区別は、あまり重要でないように思えます(個人的にはですよ)。
とにかく、親として出来ることはやる!
薬は、ウーム、難しいところです。

うちの子供は問題を起こしつつも、学校生活を営んでいます。
それは友達など、周りの環境のおかげによる所が大きいのですが、それを薬を使ってまで症状を抑える必要があるのか?と疑問に思えてしまいます(副作用のこともある)。

しかし、環境に甘えてばかりで、何も手を打たないのもマズイ。
悶々としていると、アスペルガーの改善サプリがあるという情報をゲット。
アスペルガーの子供のための改善サプリもあるらしい。
所詮サプリと思ったけど、「出来ることはやる!」の決意を思い出しました。
もちろん、うちの子供への効果は保証されていない。でもそれは薬だって同じです。
アスペルガーに効くサプリは手段の一つと割り切って使ってみます。